出会えるマッチングアプリ

コスパ最強&サクラ無し!真剣恋活アプリ「Pairs」の内容や料金まとめ

更新日:


真剣に交際できる異性を探したい、将来結婚を考えられるような素敵なパートナーをゲットしたい。そんな皆さんにはサクラ無しのマッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」がおすすめ。

恋活、婚活に特化した出会い系アプリなので、真面目な恋愛をしたい人には向いています。

「婚活を始めたいけど、婚活パーティなどに参加するのは気が引ける」
「通勤中や、仕事の休憩中に気軽に婚活がしたい」

Pairsはそんな皆さんにおすすめです。アプリ内でのやり取りがメインで、会うのは相手と意気投合してからになります。

出勤のために電車に乗っている最中や、仕事の休憩中などに、自分と気の合いそうな人に「いいね」を送ったり、あるいはメッセージを送ったりして、自分にぴったりのパートナーを地道に探していくことができるのです。

Pairsに登録すれば、理想の相手を見つけられること間違いなし。当記事ではPairsの登録~利用の流れや、出会いを見つけるポイント、実際に利用してみた感想などをご紹介いたします。

気軽に婚活!Pairsの登録~利用の流れとは?

まずは登録~利用、異性と出会うまでの流れをご紹介したいと思います。ざっくりと言えば……

Pairs出会いまでの流れ

1.アプリをインストール&登録
2.年齢確認(身分証の提示)を済ませる
3.プロフィールを設定
4.気になる女性に「いいね」を送る
5.相手が「いいね」を返してくれればマッチング成立。
6.デートやライン交換を目指して会話をする(有料会員へ移行)
7.実際に会う

このような感じです。1~6まではスマホひとつでできるので、家でも職場でも学校でも、気軽に恋活・婚活をすることができますね。

では次項から1~7の項目それぞれについて、もう少し詳しくお話しいたしましょう。6の項目のところでPairsの料金もご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

(1)アプリをインストール&登録

アプリインストール
まずはアプリをインストールする必要があります。PlayストアAppleストアで「Pairs」を検索し、インストールを行ってください。

Pairsにはパソコン版もありますので、スマホをお持ちでない方や、お使いのスマホ端末がPairsに対応していない方は、パソコン版のインストールを行いましょう。

さて、インストールが済みましたら次にアプリへ登録します。Pairsに登録するには、Facebookアカウントもしくは電話番号が必要です。これは実在の男女のみをアカウント登録させるための工夫、つまりスパムアカウントを極力減らすための工夫です。

少々面倒ではありますが、Facebookアカウントとの連動、もしくは電話によりPairsに登録してください。

当然のことですが、Facebookと連動させたことがFacebook上で公開されることはありませんFacebook上の友達に知られることなく婚活ができますので、ご安心ください。

また、登録だけなら無料であり、有料プランへの移行を皆さん自身が申し込まないかぎり料金は発生いたしません。これは悪質アプリとの決定的な違いですね。

(2)年齢確認を済ませる

年齢確認
Pairsはインターネット異性紹介事業の届出を行っている「出会い系サイト」であるため、会員の年齢確認を行っています。

運転免許証や保険証、パスポートなど、公的機関から発行されている身分証を提示して、18歳以上であることを証明しなければなりません。スマホなどで身分証の写真を撮影し、メールでPairs運営に送付します。

身分証を提示することに不安を感じる方も多いかもしれませんが、心配はいりません。

私もPairsの会員ですし、身分証の提示ももちろん行っていますが、1年ほど経った今でも悪用は一切されていませんからね。

(3)プロフィールを設定

ここは他の出会い系アプリと同じですね。年齢確認を済ませた後は、自分のプロフィールをできるだけ詳細に設定しましょう。

できれば顔写真を載せたほうが良いと思います。出会い系では、顔写真の無い人は一切相手にされないことが多いので。

プロフィール設定後は、異性とのマッチング成立、チャット、そしてライン交換やデートを目指して立ち回っていくことになります。

(4~5)異性に「いいね」を送り、チャットを開始

Pairs いいね
ここでは4と5についてまとめてお話ししたいと思います。

Pairsは通常の出会い系アプリとは異なり、異性にいきなりチャットメッセージを送ることはできません。マッチングが成立した相手とのみ、チャットをすることが可能です。

ではそのマッチング成立の条件は何かというと、お互いに相手を「いいね」することです。

あなたが誰かに「いいね」を送り、相手があなたに「いいね」を返してくれたとき、あるいはあなたが誰かに「いいね」をされて、その「いいね」を返したとき、マッチング成立となり、そこから相手とチャットができるようになります。

ちなみに、「いいね」の回数には制限があり、1ヵ月毎に「いいね」回数がリセットされる仕組みとなっています。

誰彼かまわず「いいね」をしていると、その回数が上限に達してしまい、何もすることがなくなってしまう可能性がありますので、「いいね」は本当に気になった人にだけ送るようにしましょう。

(6)デートやライン交換を目指して会話をする

誰かに「いいね」を送り、「いいね」を返してもらう。このマッチング成立までは完全無料です。

しかし、2人きりでのチャットトークに移行するには、有料会員への移行が必要となります。料金は以下の通りです。

各プラン 料金
有料会員プラン 3,480円\月
プレミアムオプション 2,980円\月
レディースオプション 2,980円\月
プライベートモード 2,480円\月

※女性は完全無料で「有料会員プラン」と同等の機能を使用可能。レディースオプションはあくまでオプションであり、申込は任意。

Pairsの数少ない欠点のうちのひとつに、この料金設定の複雑さがあります。

たとえば、普通の有料会員よりも豪華そうな「プレミアムオプション」の料金が、なぜ有料会員のそれより安いのか?疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、これはあくまで「オプション」であり、有料会員プランとは別物で、内容も全く異なるのです。

しかも凄いのが、プレミアムオプションに申し込んだだけでは「チャットトークはできない」ということ。

異性とチャットで会話できるのは「有料会員プラン」に申し込んだ人のみであり、プレミアムオプションに申し込んだだけでは、異性と会話することができないのです。

ただの「オプション」に過ぎないのにオプション単体への申込が可能であり、かつその料金が通常の有料会員プランとそれほど変わらないという点が、料金設定をやや複雑なものに見せています。

たぶん、間違ってプレミアムオプションにだけ申し込んでしまった人、いると思うんですよね……。

異性と会話するには「有料会員プラン」への申込が必要です。Pairsを利用するならこのことを絶対に覚えておいてください。

プレミアムオプションの恩恵を受けたうえで、なおかつ異性との会話がしたい場合には「有料会員プラン+プレミアムオプション」への申込が必要です。その際の料金は毎月6,440円(3,480円+2,980円\月)となります。

プレミアムオプションやプライベートモード等の内容につきましては、Pairsのヘルプをご覧ください。

さて、Pairsの有料会員になりましたら、ライン交換やデートを目指して異性と会話することになります。

ここでのポイントは詳しくは後述しますけれども、あまり自己主張をしないこと。相手に話を合わせるのが出会いへの近道です。

(7)実際に会う

pairs 実際に会う
相手と意気投合しましたら、日取りを行って実際に会いましょう。

当日は目いっぱいおしゃれをして、魅力的なオトコ・オンナをアピールしたいところです。会話を盛り上げ、良いお店を紹介し、交際を目指しましょう。

以上がPairsの登録、利用の流れとなります。長々と書きましたが、登録自体は簡単ですし、プロフィール設定等を含めても、婚活開始までにかかる時間は数分程度です。

登録~マッチング成立までは完全無料なので、まずは登録して実際に利用してみてはいかがでしょうか。

Pairsで出会いを見つけるコツとは?

それでは、ここからはPairsで出会いを見つけるコツをご紹介したいと思います。

重要なことは、Pairsというアプリの仕組みや特色を理解すること。そうすることで、ベストな立ち回りが見えてきます。

あくまで私の考えではありますが、以下にPairsで出会いを見つけるコツをご紹介いたしましょう。

プロフィールには若干の嘘もOK

Pairsは「いいね」を相互に行った人としかチャットをすることができません。

では、「いいね」をするかどうか、返すかどうかを決定する参考材料となるのは何かといえば、プロフィールですよね。

相手のプロフィールを見て、魅力的だと思えなければ、「いいね」をすることも、返すこともありません。

つまりPairsではその仕組み上、プロフィールの内容や充実度が出会いの鍵となってくるのです。

現実問題として、見た目が宜しくなかったり、年収が著しく低かったり、離婚歴があったりすると、「いいね」を返してもらえる可能性は低くなり、恋人を見つけるのが難しくなります。

実際に会ったり話したりしてみれば「いい人だな」と思えることは往々にしてありますし、良い関係になってから「実は離婚歴が……」などと切り出されれば、別にそれでもかまわないと思えることも多いはずですが、Pairsのような仕組みのアプリで出会いを探す場合には、それら端的な事実のみによって人は評価されてしまいます。

プロフィールを正直に設定することで、結果的に出会いの可能性を無用に低めてしまう恐れがあるのです。

ですから、マッチング率をできるだけ高めるために、ここでは多少の嘘を使用することをおすすめしたいと思います。

でないと本当に、「いいね」を返してもらえず、よってチャットすらできず、お金を無駄にするばかりなので。

あまり褒められたことではないかもしれませんが、背に腹はかえられません。年収の10の位を四捨五入ならぬ「一入」したり、離婚歴を隠したり、写真を多少加工したりするくらいの嘘なら、充分許容範囲でしょう。

相手が「いいね」を返してくれるようなプロフィール作りを心掛けてください。

あまり自己主張をしないこと

Pairsのようなマッチングアプリにおいては、気になった人に「いいね」をして、それが返ってくるのを待つという形で出会いを探すことが多くなると思います。

色んな女性から「いいね」が届きまくるようなことは、よほどのハイスペック人間でないかぎりは、あまりないことでしょう。

それはつまり、チャットを始める前の段階からすでに主従の関係が出来上がっているということです。

いいねを送る人間は、ぜひ返信をください、私はあなたのことが気になっています、と相手にお願いをする立場なのです。

いいねを返すほうとしては、自分はお願いされる立場なのだ、こちらのほうが上なのだという気持ちがどこかに必ずあるはずです。

ですから、あなたがたとえば、デートの日程や内容について少しでも要望を通そうとすると、それだけで相手は不機嫌になってしまう可能性があります。

Pairsを利用するときは、自分のほうが立場が下なのだと考えて、出来る限り相手の都合に合わせること、自己主張を抑えることが、出会いを得るコツです。

相手の好きなことや趣味などに興味を示して話を合わせたり、彼女のものの考え方やポリシーなどに賛同し、褒めたりすることも大切ですね。

それと、連絡先交換やデートについて切り出すタイミングにもよくよく注意を払ってください。話が盛りあがって、今なら大丈夫だと確信できるタイミングで相手を誘うのがコツです。

幸いPairsは月額制で、どれだけチャットをしても料金は変わりませんから、じっくり時間をかけて相手を口説くことができます。

この辺は月額制出会いアプリの強みと言えるでしょう。

嘘&ステマなし!Pairsを実際に利用してみた結果、感想

Pairs体験談
私は以前からPairsの会員で、これまで何人かとお会いしたことがあります。

というと、誰でも簡単に会えるものなのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、現実は厳しいもので、デートまで行ける確率は相当低いです。これはPairsだけでなく、すべての婚活・マッチングアプリに言えることでしょう。

この章では、嘘なし、ステマなしの私自身の「Pairs体験談」をご紹介したいと思います。

会うのは実際難しい?

イケメンだったり金持ちだったりする男性なら、簡単に出会いを見つけられるのかもしれませんが、私のようなブサメン低収入男にとって、出会いを見つけるのは相当に難しいことです。

Pairsやその他の出会いアプリの体験談を調べてみると……

登録して3日で会えた(笑)
彼女候補が5人くらいできた!
ブサメンでも余裕に会える!

といった内容のものが多数ヒットしますが、こういうのはまあだいたい嘘だと思ってください(笑)。

そんな簡単に出会いを得られるのなら誰も困りません。ましてやPairsのようなマッチングアプリでは、真剣交際を目指すことを前提として会うことになるわけですから、相手選びに慎重になる女性も多く、普通の出会い系サイトを使う場合よりも、誰かと会うのは難しいと言えるでしょう。

実際私も、登録して1ヵ月は何ら成果がありませんでした。その理由として、登録後すぐに「いいね」を使い切ってしまったことと、プロフィールを正直に設定してしまっていたことが挙げられます。

そこで私は、有料会員に移行して1か月後、「いいね」が補充されてから一念発起、プロフィールに多少の嘘をまじえ、加工した写真を掲載し、私のような人とでも会ってくれそうな人にのみ「いいね」をするという方針で出会いを探してみたのです。

その結果……

30人中
マッチング成立 15、6人
ライン交換 2人
デート 1人

という結果となりました。まあ、それだけやってデートまで行けたのが1人というのが何とも情けないんですが、逆にいえば、私のようなブサメンでも工夫すれば出会いを得られるということ。

月2,980円で2、3ヵ月に1人と会えるのなら、コスパもなかなかに良いと言えるのではないでしょうか。婚活パーティだと参加1回で数千円かかりますしね。

次項からは、その会えた1人の女性とのマッチング成立から出会いまでの流れ、会った後のことを簡単にご紹介します。

詐欺写メを使っていたことを知った彼女はどんな反応を示したのか……。それも併せてお話し致しましょう。

唯一会ってくれたHさん

マッチング成立は15、6人と言いましたが、「いいね」を返してくれた人全員がチャットに応じてくれるとは限りません。いいねが余っているからとりあえず使ったという人も多いのでしょう。

マッチング成立後、私はその全員にチャットを送りましたが、返信をくれたのはたしか6、7人くらいだったと思います。

その大半が、少しやり取りをしただけで音信不通になってしまいました。ライン交換まで行けたのはHさんを含め2人で、もう1人のほうは、デートの約束までしたのですが、当日待ち合わせ場所にやってこず、いわゆる「ドタキャン」をかまされたのでした。

デート前日に「明日予定は大丈夫ですか?」と連絡し、返信が来なかったので、これはやばいかもなと思っていたのが案の定、現実のものとなってしまったのです……。

そんな中、私と本当に会ってくれたのがHさんです。この方とはPairs内のチャットの段階で、「会えるかも」と感じていました。

というのも、私と彼女は「ミステリ小説好き」という点で一致しており、話が合ったからです。

見ての通り私はこれほどの大長文(笑)を書くような人間ですから、文章を書くのはもちろん読むのも好きで、特にミステリ小説が大好きなのでした。

エラリー・クイーンやアガサ・クリスティやパット・マガーなどなど、欧米のミステリ小説が好きなのですが、Hさんも同じような趣味をお持ちだったのです。

私たちは「アガサ・クリスティがミステリ界においていかに偉大な存在であるか」とか、「シャーロック・ホームズのするアブダクション式推理は意外と私たちもしてるよね」とか、「クイーンの国名シリーズとその派生作品の中でいちばん気に入っている作品は何か」とか、色々な話をして盛りあがりました。

ここまで話が合うことはかなり珍しいというか、今まで経験がありません。

ここからわかったことは、自分から話すのではなく相手に「話させる」ことで、自然と会話は盛り上がってくるということ。

もし仮に、私がミステリ小説に何ら興味がなかったとしても、彼女の趣味に興味を示し、どんな作家が面白いのかと訊いてみたり、ミステリ映画の方に話を広げてみたり、日本の作品の評価をたずねたりすれば、やはり会話は盛り上がったと思うのです。

このことが、前章で紹介した「自己主張をしない」という出会いのコツを見出すきっかけとなりました。これはどのマッチングアプリを利用する場合も同じで、出会いの確率を高めるポイントだと思います。

さて、そんな相性抜群のHさんとは、自然に会う流れとなります。趣味がばっちり一致していたので、私のほうから「今度直接会ってお話ししてみません?」と言ってみましたら、二つ返事でOKをもらえました。

そうして私たちは週末の昼に食事をする約束をして、なおもミステリについて熱く語りながら、その日がやってくるのを待ったのです。

実際に会ってみた

実際に会ってみた
私は写真を加工していたため(といっても角度や明度を工夫しただけですが)、会うのはちょっと緊張いたしました。写真と違うじゃないと言われて一発で嫌われてしまう可能性もありましたからね。

しかし実際に会ってみると、Hさんは特に文句も言わず、それどころか、「私、こんな感じですけど大丈夫ですか?」と自分の見た目に問題がないかどうか訊いてきたのです。

もしかすると彼女も写真に加工を施していたのかもしれません。私は写真との違いをあまり感じなかったんですけどね。

当然私は、彼女の質問に対し「大丈夫です」と答えました。そして私からも、こんな感じですが大丈夫ですかと聞き返し、問題ないとのことでしたので、そのままデートに出かけたのです。

彼女の見た目は、特別可愛いというわけでも、可愛くないというわけでもなく、私の好きな芸能人に似ているということもなく、至って普通でした。

しかし人間、相性というものは大切で、喫茶店に入ってやはりミステリ小説のことを話していると、この人と付き合えたら幸せだなぁという気持ちになってきます。

しかし交際には至らず

しかしHさんとは、残念ながら交際には至りませんでした。自然消滅のような感じでしたね。

知り合ってから2、3ヵ月ほどは頻繁に会い、連絡を取り合っていたのですが、だんだんと会う頻度、連絡を取り合う頻度が低くなっていき、そのうちメールも電話もしなくなってしまったのです。

そうなったのはたぶん、私が告白するのが遅かったからだと思います。慎重になりすぎてしまったんですよね。

私自身、恋愛経験がそこまで多くはないので、今日こそ告白しようと思っても、結局できずに終わってしまうことが何度もありました。

皆さんはぜひ、この人と付き合いたいと思ったら、すぐにでも告白をしてください。こういう終わり方は本当にもったいないので……。

Pairsの「会える率」やサクラの有無

Pairs サクラいない
このように私は、Pairsを利用して実際に女性と会うことができたのですが、ではPairsの「会える率」はどれくらいなのかというと、人にもよりますが、数ヵ月~1年単位でみれば、かなり高い確率で会えるのではないかと感じました。辛抱強く使い続けることで、1人2人は相性の良い人が見つかるはずです。

そしてもうひとつ、Pairsを「会える」と評価できる理由に、サクラがいないというのがあります。

サクラとは、一般会員のふりをして男性とやり取りし、金を使わせる人のこと。

多くの場合、その出会い系アプリの運営会社がサクラを雇い、男性とやり取りをさせます。サクラは自身の仕事として男とやり取りをするのであり、どんなに会話が盛り上がっても、会えることはありません。

そのようなサクラのいる出会いアプリでは、毎日のようにメールが届いたり、そのメールの内容が「逆援」や「セックス」をにおわすものだったりしますが、Pairsではそのような状況にはなりませんでした。

そもそも女性から「いいね」が届くこともほとんどありません。これはサクラを使っていない証拠だと言ってよいと思います。

10人中9人がサクラの出会い系アプリと、10人中10人が実在の女性である出会い系アプリとでは、当然ながら後者のほうが出会いの確率は高いです。

そういう意味でPairsは、サクラのいるような出会い系に比べれば、出会える確率はかなり高いと言えます。

Pairs利用方法や出会い率まとめ

マッチングアプリ Pairs

以上、Pairsの内容や料金、体験談などをご紹介いたしました。

Pairsは「マッチングアプリ」とだけあって、マッチングが成立した人としか会話をすることができません。

さらに、会話(チャット)をするには有料会員プランへの移行が必要です。オプションに申し込んだだけではチャットができないので、注意が必要ですね。

皆さんも、サクラのいないPairsで真剣に交際できるパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

工夫をすれば、どんな人にもチャンスはあります。結婚を考えられるような素敵な人を見つけ、真剣に交際し、週末にはデートをして、少しずつ関係を深めていく。このような日々は、充実した人生というものを確かに感じさせてくれるはずです。

先述したようにPairsは登録~マッチング成立までは無料のアプリですから、ぜひ皆さんも登録して、Pairsはどんな感じなのか皆さんの目で確かめてみてください。

この人と話してみたいなと思った場合にだけ、有料会員プランに申し込めばいいのです。

  • この記事を書いた人

@ブライド

今はネットで出会う時代!私自身もマッチングアプリをきっかけに、結婚まで漕ぎつける事が出来ました。 当サイトでは、口コミや実績で人気のある婚活サイトやマッチングアプリをご紹介していきます!

-出会えるマッチングアプリ

Copyright© 出会い率90%!口コミ人気の婚活やマッチングアプリなら【コンマチ】 , 2018 All Rights Reserved.